香港のオススメジョギングコースを紹介|九龍編(旧九広鉄路鐘楼〜尖東〜紅磡〜黄埔)

香港ライフ
スポンサーリンク

最近ようやく暖かくなりましたので、香港でもジョギングを再開しました。

しかしながら香港の歩道は道幅も狭く、段差も多く、また車の運転マナーも悪い(というか日本が良過ぎるだけ?)ので、気をつけないととても危険です。

そこで今回は、最近私がよく走っているジョギングコースを紹介します。

コースの中には、ところどころわかりづらいところもあるのですが、写真を大量に使って、土地勘のない方でもわかりやすいように紹介していきます。

スポンサーリンク

ジョギングコースの概要

今回紹介するコースは、九龍のヴィクトリアハーバーから九龍湾にかけて海沿いを走るコースになります。

コースの大部分が歩行者専用の遊歩道になっているため、車や信号に邪魔されることもなく、安全かつ快適に走れます。

海沿いということもあって、晴れた日に走るととても気分が上がりますし、また夜だと香港島の100万ドルの夜景を見ながら走ることもできます。

ジョギングをしない方でも、晴れた日の散歩でもオススメしたいコースです。

ジョギングコースの紹介(前半)

旧九広鉄路鐘楼

それでは早速ジョギングコースを紹介していきます。

スタート地点は、九龍半島の先端に位置する、旧九広鉄路鐘楼となります。

この旧九広鉄路鐘楼は、かつて存在した九広鉄路という九龍と広州を結ぶ鉄道路線の、九龍側の始発駅であった尖沙咀駅の時計台だったそうです。

この鐘楼から、右手にヴィクトリアハーバーを見ながら東に向かってジョギング開始です。

数百メートル進むと、ネイザンロードの南辺りで分岐点があります。ここは右手側に向かいましょう。向かった先は星光大道(Avenue of Stars)になります。

星光大道(Avenue of Stars)

星光大道(Avenue of Stars)は、香港映画のスターを讃えたプロムナードです。

プロムナードの手すりに、百を超える香港映画のスターや関係者の手形、もしくはレーザーカットが並べられています。ハリウッドのウォークオブフェイムの香港版になるのでしょうか。

ちなみに日本でも人気の高い、ブルース・リーやジャッキー・チェンのものは、この星光大道のちょうど真ん中ぐらい、K11 MUSEAのSAINT LAURENTの正面ぐらいに置かれています。

これらのスターの手形を横目に見ながら、西に向かってジョギングを続けます。

ちなみに星光大道の終わりにあるStarbucksの店先には、ブルース・リーの像も銅像が置かれています。以前はプロムナードの途中に設置されていたのですが、改装を機にここに移されました。

ブルース・リー像を超えて数百メートル過ぎると、左手にインターコンチネンタルホテルが見えてきます。このインターコンチネンタルホテルの正面辺りで、海沿いを真っ直ぐに進む道と、橋のほうに向かう坂道の分岐があります。

ここは左側の、橋に向かう坂道の方を選んでください

ここまでずっと右手に海を見ながら走ってきたので、つい右側に行ってしまいそうになりますが、右側を進むと突き当たりで行き止まりになってしまいます。分岐となっているところは走っていると気付きづらいです。インターコンチネンタルホテルが見えたら分岐を意識しましょう。

尖沙咀プロムナード

ここからしばらく、このジョギングコース唯一の上り坂になります。と言っても2−300メートルなので、皇居の周りの坂などと比べると大したことはない坂ですが。

坂を登りきり、橋の終点まで辿り着くと、また分かれ道になりますが、こちらを右手に、今度は坂を下っていきます。「Ferry」「Hung Hom Promenade」と書かれている方ですね。

坂を下り終えるとまた海にぶつかりますので、また海を右手に見ながら東に向かって進んでいきます。

左手に海湾軒というコンドミニアムがありますが、その海湾軒の先辺りが、これまで走ってきた尖沙咀プロムナードの終点となり、ここから紅磡プロムナードになります。

ここまででスタートの旧九広鉄路鐘楼から約2.2kmほどです。5kmぐらいが目標の方は、この辺りが折り返し地点になります。

ジョギングコースの紹介(後半)

紅磡プロムナード

まだまだ物足りないという方は、ここから後半になります。

紅磡プロムナードを、海を右手に見ながら東に進んで行きましょう。

そのうち海沿いに白と緑の建物が見えてきますが、フェリー乗り場になります。紅磡からは、中環(Central)と北角(North Point)までフェリーが運行されていて、手前が中環行きの、奥が北角行きのフェリー乗り場です。

黄埔プロムナード

フェリー乗り場を過ぎると、黄埔というエリアに入ってきます。香港で、日本人の駐在員が多く住んでるエリアの一つですね。

左手にnoc cafeというオシャレなカフェがあるのですが、そこを右に曲がります。ここの曲がり角は少しわかりづらいので注意が必要です。手前の派手な柄の建物を回り込む形です。

ここを曲がると、黄埔プロムナードという、また海沿いの遊歩道になります。

この辺りになると、スタート地点の尖沙咀エリアとは道行く人の雰囲気も変わり、ローカルの人々が中心になってきます。魚釣りをしている人も良く見かけます。

ハーバーフロント九龍ホテルを過ぎ、水道局の建物の脇を通って行きますが、ここは道幅が狭いので、周りの歩行者に注意して進みましょう。

水道局の建物を過ぎると、大環山公園という地元の公園があり、その先のLaguna Verdeというコンドミニアムに向かいます。ここで今回のコースで唯一車が通る可能性のある道を横切ります。ほとんど車を見かける事はありませんが、視界も良くないので注意して渡りましょう。

Laguna Verde

Laguna Verdeの脇の遊歩道を奥に向かって進んでいきます。このLaguna Verdeはかなり大きなコンドミニアムで、敷地の中に公園やプールがいくつもあります。日本人でも住んでいる人が多い、人気のコンドミニアムなんだそうです。

このLaguna Verdeの奥まで進むと、行き止まりになります。ここが今回のジョギングコースのゴールになります。

スタートの旧九広鉄路鐘楼からここまでが約3.8kmになりますので、往復すれば7.6kmぐらいです。

ジョギングコースのマップ

今回紹介したジョギングコースのGoogle Mapのリンクも載せておきます。

最後まで走ると片道3.8kmなので、往復すれば7.6kmになりますが、適当なところで途中で折り返して、自分に合った距離になるように調整してください。

おわりに

今回は香港オススメのジョギングコースとして、九龍の旧九広鉄路鐘楼から黄埔までのコースを紹介しました。

冒頭にも書きましたが、香港は道幅が狭く、車の運転も荒いため、安心してジョギングができる場所が多くないのですが、今回のコースはほとんどが歩行者専用のため安心して走ることができます。

旅行者の方でも在住者の方でも、ジョギングする際の参考になれば幸いです。

また次回は香港島側のジョギングコースも紹介できればと思っています。

お読み頂きありがとうございました。

ことりっぷ 海外版 香港 (旅行ガイド) | 昭文社 旅行ガイドブック 編集部 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで昭文社 旅行ガイドブック 編集部のことりっぷ 海外版 香港 (旅行ガイド)。アマゾンならポイント還元本が多数。昭文社 旅行ガイドブック 編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またことりっぷ 海外版 香港 (旅行ガイド)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

  1. Very nice write-up. I definitely appreciate this site. Thanks!

タイトルとURLをコピーしました