インテリア|ヒバアロマ “Cul de Sac“のヒバ製品と活用例を紹介

インテリア
スポンサーリンク

こんにちは。

皆さんの好きな香りは何でしょうか?

心地よく住める家にするためには、家具やインテリアだけでなく、香りも重要な要素の一つです。

今回は私の愛用しているCul de Sacのヒバ製品についてと、インテリア活用術について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ヒバって何?

ヒバという木について、あまり聞きなれない人も多いかもしれません。

調べたところ、ヒバというのはヒノキ科に属する針葉樹のヒノキアスナロのことで、青森地方でのそのヒノキアスナロを「ヒバ」と呼ぶそうです。

このヒバには、ヒノキ科に属するだけあってヒノキチオールという成分が豊富に含まれており、防虫、抗菌、消臭、リラックス効果に優れています。金色堂で有名な中尊寺もヒバの木で建てられているということから、昔から建材として重宝されていたようです。

そのヒノキチオールをたっぷり含んだヒバの香りは、爽やかで清涼感が強く、アロマには木材と同様にリラックス効果や防虫効果もあるそうです。

Cul de Sacのヒバ製品

そんなヒバのアロマですが、私が気に入って使っているのは「Cul de Sac」の製品です。

Cul de Sac
Aomori HIBA Products,STANDARD Genderless Clothes 2.24.13 kamimeguro Meguroku Tokyo info@culdesac.jp

Cul de Sacの製品には国産の青森ヒバのみが使われており、アロマ製品だけでなく、食器や家具、衣類など幅広いラインナップがあります。

BEAMSやAKOMEYAなどのセレクトショップでも取り扱われているだけあって、デザインもオシャレで、そのまま置いておいても画になるブランドです。

Cul de Sacのお気に入りの製品とインテリア

ヒバ精油

まず最初に紹介するのはヒバ精油です。いわゆるエッセンシャルオイルですね。

アロマディフューザーやアロマストーンなどに数滴垂らして使います。温めると部屋中にほんのりヒバの香りが広まっていきます。

またエッセンシャルオイルなので、温めてアロマとして使う以外にも、水に薄めてスプレーにしたり、次に紹介するヒバチップの香りが弱まった時に垂らしたりと、幅広く使えるので便利です。

Cul de Sacのエッセンシャルオイルと、Aesopのオイルバーナー
Amazon.co.jp: (カルデサック)Cul de Sac ヒバ精油12ml“HIBA WOOD OIL” 12ml 青森ヒバ cj0001-12ml-aomorihiba : ドラッグストア
Amazon.co.jp: (カルデサック)Cul de Sac ヒバ精油12ml“HIBA WOOD OIL” 12ml 青森ヒバ cj0001-12ml-aomorihiba : ドラッグストア

ちなみに私が使っているのはAesopのアロマバーナーです。真鍮製なので、使っているうちにだんだんとエイジングしていく様が気に入っています。革製品だったり鉄製品だったり、使い込んでエイジングしていく製品が好きです。

ウッドチップ

お次はウッドチップです。青森ヒバのうち、有効成分が多く含まれる赤身の部分をチップにしたものです。不織布に入れて吊るしたり、そのままガラスや陶器の器にのせて、芳香剤の代わりとして使ったりできます。

私の場合は玄関先のシューズラックに置いて芳香・消臭剤として使っています。玄関先はどうしても靴の匂いがたまりがちですが、ヒバの消臭効果のおかげで、外から帰ってきても全く気になりません。

また自然由来の製品のため、市販の消臭剤にありがちな嫌な匂いもありませんので、帰ってくる度に癒されます。

Amazon | (カルデサック)Cul de Sac 青森ヒバディープオイルウッド“DEEP OIL WOOD” 200g 青森ヒバ cj0079-200g-aomorihiba | レディース 通販
レディース(レディース)ストアで(カルデサック)Cul de Sac 青森ヒバディープオイルウッド“DEEP OIL WOOD” 200g 青森ヒバ cj0079-200g-aomorihibaなどがいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

香りは3−5ヶ月程度もちますが、弱くなってきたらチップを足したり、エッセンシャルオイルを少し足したりしています。

チップの器は南部鉄器の蚊遣りを使っています。蚊遣りですので本来は蚊取り線香を入れて使うのですが、チップの器としても使えます。鉄製なので、インダストリアル調のインテリアにもマッチしています。

ちなみにCul de Sacのヒバチップは、通常のチップと、精油に漬け込んだDeep Oil Woodの2つがあります。

私が使っているのはDeep Oil Woodの方ですが、ずっと置きっぱなしにしていると、染み出したオイルで器がベタつきますので、チップの入れ替えの時など、定期的に洗ってあげる必要があります。器を汚したりしたくない方は、香りの強さは劣りますが、通常のウッドチップの方が良いかもしれません。

クローゼット用消臭・防虫剤

最後にご紹介するのがクローゼット用の消臭・防虫剤です。不織布の中に薄く削られたヒバのチップが入っています。ウッドチップと比べるとヒバの香りが抑え目ですので、服への匂い移り、色移りの心配がありません。

私は、虫食いの被害が心配なニット類の収納に、これを入れて使っています。おかげで一度も虫食いの被害には遭っていません。

1つに3パック入っています。袋は密封できますので使わない分は取っておけます。

最後に

今回はCul de Sacのヒバ製品を紹介させて頂きました。

香りはインテリアに欠かせない要素です。「Cul de Sac」「青森ヒバ」にもし興味を持っていただけたら幸いです。

お読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました