過去4回の現地観戦者が伝える!F1シンガポールグランプリの魅力とおすすめチケットについて

ライフスタイル
スポンサーリンク

過去2年コロナ禍で開催中止となっていたF1シンガポールグランプリが、今年ついに3年ぶりに復活することになりました!

シンガポールグランプリは、日本から最も通いやすい海外F1レースということもあり、また徐々に海外渡航も規制緩和されていることもあって、今年こそ行ってみようかなと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、過去4回現地で観戦した経験から、シンガポールグランプリの魅力と、おすすめのチケットなど画像たっぷりで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

F1シンガポールグランプリについて

まずはシンガポールグランプリの概要について簡単に紹介します。

シンガポールグランプリは、シンガポール市街地を使った特設コース「マリーナベイ・ストリート・サーキット」で行われる、F1世界選手権の中の1レースです。

2022年は9月30日〜10月2日の3日間で開催されることが発表されています。

2008年よりされているこのレース、F1初のナイトレースということでも知られていますね。今でこそ他の国でもナイトレースが開催されていますが、初めて見た時は昼のレースとは全く違う光景に興奮しました。

  • レース名称:シンガポールグランプリ
  • コース:マリーナベイ・ストリート・サーキット
  • 全長:5.063km
  • 日程:9月30日〜10月2日(2022年)

シンガポールグランプリの魅力

F1マシンの迫力を間近で見れる

シンガポールグランプリが行われるマリーナベイ・ストリート・サーキットは市街地コースであり、レースコースの大部分が普段は一般道として使われています。

レース当日は、万が一クラッシュした場合に観戦エリアに被害が及ばないよう、レースコースとはガードレールやフェンス、ウォールなどで仕切られますが、それでも常設のサーキットと比べるとコースやマシンまでの距離が圧倒的に近いです。

ガードレールに囲まれた狭い道を、時速300km近くで駆け抜けていくF1マシンの凄さと迫力を間近で堪能することができるのは、シンガポールグランプリの最大の魅力でしょう!

アクセスが最高に良い

マリーナベイ・ストリート・サーキットが設置されるのは、シンガポールのマリーナベイというエリアになります。

マリーナベイエリアには、シンガポールを代表する観光名所である、マーライオンラッフルズホテル、船が乗った形のホテルで有名なマリーナベイサンズがある、シンガポールのまさに中心部です。

マリーナベイまで、シンガポールの玄関口であるチャンギ空港からタクシーで20分ほど、一番の目抜き通りであるオーチャードロードからは地下鉄で数駅という距離のため、レース時間以外には観光やショッピングなどを入れたとしても十分に楽しめる距離感です。

さらに日本からシンガポールには深夜便も飛んでいますので、その気になれば、金曜の仕事終わりにシンガポールに飛んでF1観戦、日曜の決勝レース後に空港に向かって深夜便で帰国して出社、という弾丸観戦ツアーも可能です!

レース以外のエンターテインメントが凄い

シンガポールグランプリでは毎年レースの前後に有名アーティストを呼んでライブが開催されますが、これがとんでもなく豪華なんです。

2022年はGreen DayMarshmelloWestlifeの3アーティストが公表されています。

過去にはRed Hot Chili PeppersBon JoviMaroon5などを見ることができましたし、日本からセカイノオワリが来た時はもう手が届くような近さのステージでのパフォーマンスを楽しむことができました。

そしてこのライブ、F1のチケットを持っている人だったら誰でも無料で見ることができるんです!

正直、ライブ代だけで元が取れるんじゃないかと思えるぐらい豪華なラインナップですので、F1にそこまで興味がない家族や友人も誘いやすいというのも、嬉しいポイントです。

シンガポールグランプリのチケットについて

チケットの購入方法は?

シンガポールグランプリのチケットは、公式ホームページで既に発売開始しています。この公式ホームページから購入するのが、一番安価かつ席種も選べる、確実な方法です。

ただし、公式ホームページは全て英語となっていますので、もし英語が苦手という方は、日本の旅行代理店が主催する観戦チケット付きツアーや、チケット手配サービスを活用するのが良いでしょう。ただしこの場合は手数料がかかりますのでご注意ください。

公式ホームページから購入する場合、もしくはチケットだけを手配した場合、シンガポールへのフライトやホテルなどは個人で手配する必要があります。

シンガポールは世界でもトップクラスに安全な国の一つですので、ホテルも航空券も自分で手配する個人旅行にチャレンジするのもいいでしょう。私がよく使っているホテル予約サイトのリンクを載せておきますので、参考にしてみてください。

シンガポールグランプリのチケットの選び方

シンガポールグランプリのチケットの選び方ですが、ポイントは3つです。

  • 指定席付きか立ち見か
  • 3日通しチケットか日別チケットか
  • どこのゾーンまで入れるか

まず大事なポイントは、指定席がついているチケット(Grandstands)にするか、それとも立ち見にするか(Walkabout)です。

サーキット内に設置されるスタンドは、基本的に全て指定席になります。従って座って観戦するためには、指定席付きのチケットを選ぶ必要があります。スタンドの場所によってチケットの値段が変わり、ホームストレート周辺のスタンドと、一番安価なBay Grandstandでは、約3倍もの差になっています。

一方、立ち見用のWalkaboutチケットも準備されています。こちらはスタンドには座れませんが、その分安価になります。シンガポールグランプリでは、サーキット内に立ち見客用のスタンドも設置されますし、マリーナベイはもともと観光エリアということもあって至る所にベンチや座れる場所があるので、疲れたら座って休むこともできます。

ちなみにこちらが立ち見用スタンドからの写真です。早すぎてマシンがちゃんと写っていませんが、逆に迫力は伝わるかと思います!笑

第二のポイントは、日別のチケットにするか、3日間セットのチケットにするかです。

日別のチケットの場合は、フリー走行の金曜、予選の行われる土曜日、決勝レースの日曜日の順で価格が上がります。3日間セットの方がトータルでは安くなるのですが、都合があって決勝しか見られないという方や、もしくはレース後のコンサートにお目当てのアーティストの出演する日だけ参加したい、という方には日別チケットでの購入が便利です。

最後に気を付けるポイントは、チケットによって入れるエリアが決まっているという点です。

シンガポールグランプリの会場は1から4までのゾーンに区切られており、チケット毎にそれぞれ入れるエリアが決まっています。

特にゾーン4は全てのチケット保有者が入れるため、決勝レースの日などは非常に混雑します。落ち着いて観戦したい方はゾーン3以降に入れるチケットを選んだ方がいいでしょう。

シンガポールグランプリ おすすめのチケットはこれ!

初のF1観戦 雰囲気を味わいたいならBay Grandstand

それではここからは、シンガポールグランプリを過去4回観戦している私が選ぶ、おすすめのチケットを紹介します。まず初めに紹介するのはBay Grandstandです。

Bay Grandstand、マリーナベイの真横に設置されているスタンドです。コースの終盤に位置し、ターン17からターン18までを見ることができます。

このBay Grandstand、指定席付きながらなんとゾーン4の立ち見チケットとほぼ同じ値段で購入することができます!

ただしこの区間は短い間に直角コーナーが連続するため、コースの中でもかなり低速な区間となっています。なのでF1マシンの迫力を感じたい方にとっては少し物足りないかもしれません。

それでも、わずかな追加費用でスタンドに座って観戦ができると考えると、かなりお得です。初のF1観戦で、まずは雰囲気を味わいたいという方にはおすすめのチケットになります。

せっかくのF1レース 迫力を楽しみたいならTurn1 Grandstand

続いて紹介するのは、Turn1 Grandstandです。

その名の通りターン1の外側に位置するスタンドで、その魅力は、エンジン全開でホームストレートを走ってきたマシンが、ターン1、ターン2と駆け抜けていくところを満喫できるところです。おそらく今年もホームストレートにはDRSゾーンが設置されると思われますので、うまくいけばオーバーテイクシーンも目の前で見られるでしょう

またターン1は最初のコーナーになりますので、接触やクラッシュが頻発する箇所でもあります。

価格的にはPit Grandstand、Turn2 Grandstandと同じく最も高いレンジになりますが、この中でも私はTurn1 Grandstandをおすすめします。

最も高コスパ Premier Walkabout

最後にお勧めしたいのは、Premier Walkaboutです。

Walkabout(立ち見)なのでスタンドには入れないのですが、このPremier Walkabout最大の売りはゾーン1から4まで全てのゾーンに入れるという点です。

特にゾーン1、ゾーン2は入れるチケットが限られているため、周りに他の観客が少なく、快適に観戦することができます。それでいて立ち見なのでお値段も手頃で、非常にコストパフォーマンスに優れたチケットです。

正直、私がもし今年も観戦するとなると、このPremier Walkaboutを選択すると思います。それぐらいおすすめです。

最後に

以上、シンガポールグランプリの魅力とおすすめのチケットについての紹介でした。

シンガポールグランプリは、F1レースそのものだけでなく、有名アーティストのライブや観光なども楽しめる、世界トップクラスのエンターテインメントイベントだと思っています。

今年はコロナも落ち着き、そろそろ海外旅行をしたいなと思っている方も多いかと思います。F1好きな方はもちろん、F1はよくわからないけどちょっと興味を持った方も、ぜひ一度シンガポールグランプリに足を運んでみてください!

るるぶシンガポール21 (るるぶ情報版(海外))
AmazonでJTBパブリッシングのるるぶシンガポール21 (るるぶ情報版(海外))。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました