香港隔離生活レポート|指定隔離ホテルでの食事事情について

海外駐在
スポンサーリンク

これから香港への赴任を計画している人は、香港での指定隔離ホテル(Designated Quarantine Hotel, DQH)での生活について気になるところだと思います。

今回は、その中でも特に気になるであろう、隔離ホテルでの食事事情について紹介していきます。

提供される食事はホテル毎に違いますので、一概には言えないのですが、「こんな感じなんだな」という感覚を掴んでもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

指定隔離ホテルについて

2022年2月現在、海外から香港への入国にあたって、入国から14日間は強制検疫としてDQHでの待機が義務付けられています。

現在は40のホテルがDQHとして指定されており、それぞれ入国者向けに、隔離用のプランが準備されていますが、その中で私が選んだのはiclub Ma Tau Wai Hotel というホテルでした。1日3食付でHKD690と、DQHの中では標準的なランクのホテルだと思われます。

Select-service hotel near To Kwa Wan Hong Kong | iclub Ma Tau Wai Hotel
iclub Ma Tau Wai Hotel is a select-service hotel centrally located in the To Kwa Wan & near to the Tsim Sha Tsui district Hong Kong. Click to book rooms now!

指定隔離ホテルの食事について

DQHの隔離用プランは朝昼晩の食事がセットになっています。

私が泊まったiclub Ma Tau Wai Hotelでは、基本的には肉一品と野菜一品と、白米などの炭水化物、という組み合わせでした。

このホテルではメニューは一種類しかありませんでしたが、DQHによっては複数の候補から選べるところもあるみたいです。友人が泊まっていたFour Points by SheratonHoliday Inn では、中華・洋食・和食などから選択できたということです。

iclub Ma Tau Wai Hotelの食事について

それでは、こちらが14日間の全食事の写真です!

いかがでしょうか?なんとなく雰囲気は掴めますでしょうか?

  • 肉は牛肉か鶏肉が多めで、煮物中心、全般的に味付けは濃い
  • 野菜は白菜やブロッコリー、カイランなど
  • 炭水化物は基本は白米、たまにビーフンや麺、チャーハン、パンの日もあり
  • 白米はあまり美味しくない(というか日本の白米が美味しすぎる)

というのが全体を通した感想です。

美味しかった食事ベスト3

14日間の食事のうち、美味しかったベスト3を勝手に選出してみます。

第1位は、鶏肉の生姜煮です。ベースが醤油っぽい味で、そこにいい感じに生姜が効いていて、当たりでした。付け合わせの白菜も、少し油っぽいですが、生姜煮とよく合います。

第2位は、チャーハンになります。日本の美味しい白米に慣れていると、こちらの白米は癖が強くてほとんど食べられませんでしたが、チャーハンだと美味しいです。これ以外でもチャーハンは何度か出てきましたが、基本的にどれもハズレなしでした。

第3位は、チキンのトマト煮込みです。中華の味に飽きたところに、洋風のトマト味はさっぱりとして美味しかったです。

それ以外では、カレーは安定していて美味しかったです。逆に、麺類の日はどれも味付けに癖があったり、逆に味が全くなかったりと、ハズレが多かった印象です。

日本から持ってきた方が良い物、要らなかった物

持ってきてよかった物、持って来ればよかった物

  • 味の濃い調味量(ソースやマヨネーズ、ラー油)
  • フリーズドライのスープ
  • お椀、箸

食事は基本的に中華料理ということで、中華に合う濃い目の調味料を持ってくるのが良いです。特にラー油は、持ち運びしやすいペーストのものがあるようですので、これを日本から持って来ればよかったなと思いました。

ハウス のっけてラー油ペースト 40g×10個
3種の醤のコクがきいたペースト状辣油なので、これだけで色々な食材・料理に旨辛い味に味付けできます。豆鼓醤、甜麺醤、豆板醤の3種の醤のコクに、ごま油の香りが特徴です。 非常に汎用性が高く、色々な料理にのせるだけ、まぜるだけでおいしく召し上がれます。(ごま油の香りは香料併用)。

また、汁物がほとんど出てこなかったということもあって、フリーズドライのスープはあると嬉しいです。お弁当は中華料理なので、ワカメスープや卵スープなどは食事に合うと思います。

DQHではフォークとスプーン、ナイフしか用意されていなかったので、日本から持ってきた箸が助かりました。またスープを飲むためのお椀なども持っていくのがいいでしょう。

要らなかった物

  • 包丁、まな板
  • 醤油
  • フリーズドライの味噌汁

お弁当と一緒にリンゴや洋梨などの果物が出てくることがありました。そのために包丁とまな板を持ってきていたのですが、あまり気が向かず、一度も皮を剥くことがありませんでした。

また、上で挙げた理由と同じとなりますが、中華料理がメインとなるため、醤油や味噌汁などの日本食はあまり合いません。ただし、日本食も選べるDQHを予約しているのであれば、それらを持ってくるのも良いかと思います。

困った時はネットスーパーやデリバリーを活用しよう

DQHの食事にどうしても飽きてしまった時は、フードデリバリーを頼むのもいいでしょう。香港では、DeliverooFoodpandaの2社が、フードデリバリーの大手です。

foodpanda-フードデリバリー

foodpanda-フードデリバリー

Foodpanda無料posted withアプリーチ

Deliveroo: Food Delivery

Deliveroo: Food Delivery

Deliveroo無料posted withアプリーチ

またはネットスーパーで食料品などを頼むのもいいでしょう。私はAEONのネットスーパーで、ビールやおつまみを宅配してもらいました。注文した翌々日には届けてくれるので便利です。

隔離中は部屋から出られないということで、ただでさえストレスが溜まりがちです。食事面でもストレスを溜めてしまわないよう、こういったサービスをうまく使って、息抜きすることも大切です。

AEON網上購物城 - AEONCITY - AEON Hong Kong Online department Store & Supermarket
AEON 網上購物城

さいごに

以上、私が泊まったDQHでの食事の様子や、持ってきて良かったものなどの紹介でした。食事の内容はDQHによって変わりますが、こういう感じなのかと、雰囲気を掴んでもらえれば幸いです。

ちなみにDQHでの食事の様子は、InstagramやFacebookなどのSNSに投稿している人もいます。自分の泊まるDQHの名前で検索してみれば、もしかしたらより具体的な例を見つけられるかもしれません。

お読み頂きありがとうございました。

D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2019~2020 (地球の歩き方D アジア) | 地球の歩き方編集室 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで地球の歩き方編集室のD09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2019~2020 (地球の歩き方D アジア)。アマゾンならポイント還元本が多数。地球の歩き方編集室作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またD09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2019~2020 (地球の歩き方D アジア)も...

コメント

タイトルとURLをコピーしました